ストレスや疲労からくる腰痛の可能性

71歳男性 無職の方からの質問

数年前、朝起きたときに腰痛で立ち上がることができず、這うようにして布団から出ました。

その後、車で整形外科を受診し、検査やレントゲンを行いました。結果としては異常はないとのことでした。

先生によると、ストレスや疲労からくる腰痛の可能性があるとのことでした。

実際に、このような腰痛を引き起こす原因は何なのでしょうか。

その理由について教えていただきたいです。

回答

レントゲン等の検査で異常無ければ機能的疾患と成りストレスや疲労が蓄積され朝方起き上がる事も出来なかったのですね。

一過的な経過をお聴きしただけでは明白な原因は解りませんが 病院の先生の言われる様にストレスや疲労が原因です。

詳しく言えば毎日の生活習慣病がかなり蓄積されてると思います。

鍼灸治療は身体のバランスを整える治療法です。

身体のバランスを確り解明し整える事できます。

鍼灸治療を受けられる事をお勧めします。

身体と心の関係を一体化し養生される事最重要と思います。

気合いが張れば筋も張ります。

気が上昇すれば腰も曲がります。

腹が座らず腰に負担が罹ります。

特に朝方は未だ元気が無く、徐々に体調が整って来る時なので症状も重症に成ります。  

以上

関連記事

  1. 会社でずっと椅子に座っているため、毎日のように腰が痛くなって…

  2. 肩こりと腰痛が辛い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。